手荒れや肌荒れで悩む看護師必見!

看護師パート → 看護師パートの悩み-手荒れ・肌荒れ

看護師パートの悩み-手荒れ・肌荒れ

医療行為には、清潔という言葉は欠かせません。看護師も常に手洗いをして、清潔な状態で患者さんに接することが求められています。様々な患者さんに対応しているので、万が一、細菌拡散などしたら一大事です。病院の責任問題にも発展するので、病院の信用を失わないためにも衛生面の注意は大変重要です。
看護師パートに強い求人サイトは?

看護師は、ただ単に手洗いを頻繁に行なうだけでなく、アルコール消毒殺菌しなければなりません。毎日のことなので、肌荒れを起こす方も少なくないでしょう。消毒をマメにすることは大切ですが、それが原因で手が荒れてしまうと、業務に支障をきたすこともあります。

手荒れが酷くなると、出血をおこすこともあります。そのような状態では、医療器具を扱うことも難しくなり、器具自体が血液汚染される可能性もあります。

手袋をすれば衛生面では問題ないかもしれませんが、患者さんに対応した後は、当然、手袋をはずして手洗いをすることになります。その際に痛みを感じることが多く、これが看護師にとって悩みの種となっているようです。

病院によっては、看護師の手荒れ防止のために、ハンドクリーム(尿素入り)や手荒れ用手袋を用意しているところもあります。これは、看護師にとって有り難いことです。

看護師の悩みは手荒れだけではありません。肌荒れも悩みの一つに挙げられています。夜勤のある職場に勤務している看護師の場合は、特に肌荒れを起こしやすいようです。夜勤が含まれると、睡眠のリズムが狂うため、肌に悪影響を及ぼすからでしょう。

手洗いはともかく、肌荒れまでは病院側もフォローできません。肌荒れをできるだけ起こさないように、自分なりに工夫することが大切です。生活リズムが安定するといいのですが、それが難しいのであれば、お肌に良いと言われている食物を積極的に摂取するなど努力あるのみです。また、喫煙している方は、タバコをやめるだけでも全然違います。加えて、上手なストレス発散法を身につけることも大切です。ストレスも肌に悪影響を及ぼしますからね。

看護師パートの悩み-ネイル

「白衣の天使」とも言われている看護師は、清潔感の漂う身なりを常に意識することが大切です。天使なのですから、看護する際の姿勢も大切ですが、外見もそれなりに気を使うべきだと思います。

長いネイルの場合、ちょっとしたことで患者さんに怪我させる可能性だってあるかもしれません。もしものことを考えて、ネイルは短めの方がいいでしょう。

ネイルは、長くなければお洒落を楽しむことができないわけではありません。短いネイルでも、それなりに工夫すれば、十分にお洒落を楽しむことが可能です。可能な範囲で、女子力をアップさせてみるといいでしょう。

また、仕事とプライベートを別にして、ネイルを楽しんでいる看護師もいらっしゃいます。プライベートでは、派手なネイルアートをしている方も少なくないようです。このように、仕事のオンオフできっちりと変えられる方はいいのですが、中にはオンオフ関係なく、常にネイルを楽しみたいという方もいらっしゃるでしょう。

そのような考えの方は、ネイルアートに寛容な姿勢がみられる医療機関や施設などで働くという選択もあります。全ての医療機関や施設が看護師の身なりに厳しいところばかりとは限りません。中には、かなり自由なところも存在しています。入職前に事前に職場情報を入手することが必要になってきますが、これは個人ではなかなか難しいと思います。

他には、医師との関係悪化で転職した方も‥。既婚者の医師から執着されて、食事に誘われては断るという関係が続いた挙句、医師が豹変して、業務報告にもまともに対応してくれなくなり、看護師の仕事がやりずらい環境に追いやられたそうです。

人間関係の難しさは、どの職業であっても悩みの一つですが、我慢し続けて働いていては自分の体調を崩すことにもなりかねません。幸い、看護師は比較的転職しやすい職業でもありますから、人間関係に行き詰ってどうしようもなくなったときには、思い切って職場環境を変えてみるのもいいのではないでしょうか。

看護師の関連記事

なかなか転職先が決まらない看護師の傾向

転職がスムーズに進む看護師の特徴

看護師の転職支援サイトは複数併用がオススメです